実 修 実 証


五鈷金剛杵 五鈷金剛鈴



真言密教では、古来より「行法」を伝える場合には、みだりに伝えてはならない、とされております。これに反することを「越法罪」として、厳に戒められているところです。
その理由は、真言密教で説く真理は、文字を通じて已では理解されない事が多々あり、言葉でもってしても言い尽くせず、絵画や音楽等あらゆる手段、即ち五感を用いて表現しなければ、触れることが出来ないからであります。また、正に法を授けるに値する資質を有する者であるか否かを、見極める必要からでもあります。
行法を修するには、順番や方法などを、「次第」として纏めてありますが、どうしても書きつくせない所を、「口伝」として面授することになっております。昨今、密教を広く理解してもらおうとする意図からか、行法に関する書籍が店頭に並んでおります。そこで、ここでも二三掲載致します。実際に修法される時には、問い合わせてください。

与論島の中ほどに、海抜100mほどの小さな丘がある。四方ぐるりと見渡すことが出来る与論島の最高地点である。そこに立つと、水平線は円であり円の中心は自身にあることが体得できる。ここに言う「自身」とは「自心」のことを言う。そして、自心は宇宙と一つであり、どこまでも広がっているんだと云うことを実感することができる。



観  法 (座 禅)

不 断 求 聞 持

勤 行

写 経

念 珠 占 い